tak’s interest

興味を持ったモノ・コト・ヒトをご紹介。

【メモ】格安SIM使用時のモバイルルーターのAPN設定方法

先日、モバイルルーターのUSB差込口が接触不良になり、充電することができなくなってしまったため、モバイルルーターを買い替えることにしました。

購入時の説明書的なものをなくしてしまったため、その際の設定時にこれどうやってたんだろ?みたいなことになってしまったので、MVNO利用時のモバイルルーターの設定方法について書き残そうと思います。

ちなみに利用している格安SIMはmineoで、今回購入したモバイルルーターHuaweiのSpeed Wi-Fi NEXT W01(中古)です。この記事はこれに沿って書いていくので別のものを使用されている方は適宜読み替えてみてくださいね。(写真は買い替え前のモバイルルーター。気に入ったので同じものを購入しました。)

f:id:kansai_777:20170822174336j:plain

Speed Wi-Fi NEXT W01

mineo導入については、こちらで少し触れていますので、良ければご参考に。(下記パック以外での割引などもあるのでご利用の際はその他プランも十分ご検討ください)

tak-interest.hatenablog.com

ちなみにMVNOは、他社から無線通信インフラを借り、音声通信・データ通信などのサービスを提供する事業者のことです。今回、利用しているmineoやIIJmio、DMMモバイルなどがこれにあたります。料金のリーズナブルさからよく格安スマホ格安SIMなんて呼ばれています。

今回は、このSIM(本体に挿す小さいカード)は買い替え前と同一のものを使っていきますので、開通作業については割愛します。

スマホの場合、開通作業さえ終わっていれば、APN設定(プロファイルのダウンロード)をすれば、使えるようになるんですが、モバイルルーターの場合はブラウジングの機能がないため、APNの設定を自分でしなければいけません。

そもそも、聞きなれない人には、APNの設定って何?って疑問が出てくると思うんですが、APN(アクセスポイントネーム)の設定はどこのサーバーを通して、インターネットに接続するかの指定です。接続先の情報については、各事業者の記載の内容をそのまま書くだけなのでここではあまり深く知らなくても設定はできるのでご安心を。

今回、困ったのがこのAPNの設定でした。ウェブで配布されているマニュアル読んでみたんですが、スマホでの利用前提だったため、プロファイルをダウンロードしましょうしか書いてなかったので、モバイルルーターってどうやって設定していたんだっけなとなってしまいました。

 

実際に設定してみよう

前置きが長くなりましたが、お次は実際に設定したときの話。

APNの設定は以下の3ステップで行うことができました。

①端末(PCやタブレット等)とモバイルルーターの接続する

②ブラウザから設定ツールを開く

③APNを設定する

 

まずは①。これは普段からやってることだと思いますが、一応。

端末の接続先の中から今回設定したいモバイルルーターSSIDを選択し、パスワードを入力します。これで接続完了。(この時はまだインターネットには接続されていません)

ちなみにSpeed Wi-Fi NEXT W01の場合は画面内の

情報 > SSID情報 で表示できます。

 

お次は②です。ブラウザ(SafariChromeなど)を起動し、モバイルルーターIPアドレスを入力します。(IPアドレスは192.168.XXX.XXXなどの数字で構成されています)

IPアドレスを入力すると設定ツールが表示されます。

ちなみにSpeed Wi-Fi NEXT W01の場合は画面内の

情報 > 端末情報 > LAN側IPアドレス で表示できます。

 

そして、最後に③。APNを設定ツールにて設定していきます。

こちらは接続先毎に同一です。各事業者の接続先情報を参照しましょう。

ちなみにmineoはこんな感じです。

名前:任意の名前(自分で識別できる名前にしましょう)

APN:mineo.jp

ユーザー名:mineo@k-opti.com

パスワード:mineo

認証タイプ:CHAP

となっています。

 

ここまで設定すれば、APNの設定は完了です。

Speed Wi-Fi NEXT W01では、この後、(メニュー内設定から)プロファイルの選択が必要になります。先ほどの③で設定した名前を選択しましょう。

基本的に上記の設定手順は設定マニュアルにも書いてあったはずですが、マニュアル紛失してしまってわかんないよーって人の助けになれば幸いです。

【サービス】Uber EATS

フードデリバリーサービスはよく利用しますか? 

いわゆる、『出前』なんですが、最近よく利用しているフードデリバリーサービス【Uber EATS】をご紹介したいと思います。

出前のサービスまとめサイトでは『出前館』などが有名だと思います。『出前館』の場合は注文を各お店のデリバリーサービスにて届けてくれます。

それに対し、この【Uber EATS】は各お店で料理したものを【Uber EATS】の配達員が届けてくれます。

f:id:kansai_777:20170904151324j:plain

この料理の提供と配達が分かれてるシステム。利用者にとっては『何かいいことがあるの?』と感じるかもしれませんが、これにより今までデリバリーサービスがなかったお店に対し注文することが可能になりました。

お店側としても配達の要員を準備する必要がなくなる(はず)ので対応したお店が増えるといいなあと思います。

商品は↓のようなバッグに入れて配達してくれます。保温機能がついてるバッグのようなので届いた料理が冷めてることは今のところありません。 

f:id:kansai_777:20170902204936j:plain

支払いはカードのみ。筆者はデビットカードで利用しています。商品届いたときにお金のやり取りをせずにすぐに食べれるので楽。

配達時に『○○円以上から配達』のような最低注文料金の制限がないのも魅力。マクドナルドならハンバーガー1個から注文ができるようです。(配達手数料がかかるのでオススメはしません)

まだ配達エリアはあまり広くなく、都内でも対応していない地域もあるようです。都内だと最近、豊島、板橋、北が対応したようです。(2017/9/4 現在)

配達先はマップから指定ができるので駅前や公園での受け取りが可能です。公園でピクニックしつつ【Uber EATS】でランチなんてのもいいかもしれないですね。※商品受け取りのために届け先が特定できるようにして注文しましょう

 

Uber EATSを使ってみよう

さて、実際に使い方を見てみましょう。

まずはアプリをダウンロードしましょう。『Uber EATS』で見つかります。

ubr.to

アプリを起動するとアイコンが表示されます。(2回目以降は登録されている配達先が表示されるので誤配達防止になります)

f:id:kansai_777:20170904154147j:plain

お店と商品を選び、注文!(初回に配送先の登録と支払情報の登録が必要となります)

f:id:kansai_777:20170904154223j:plain

商品が届きます!

f:id:kansai_777:20170904154256j:plainf:id:kansai_777:20170904154340j:plain

という感じで普通のデリバリーサービスと同様に気軽に注文ができます。

注意点は以下の通り

・支払いはカードのみ
・受け取り場所は正確に入力(配達員が迷うと連絡が来るかもしれないので連絡はとれるようにしておきましょう)
・配達の手数料に380円が掛かります(キャンペーンなどで無料になる場合があります)

 

今ならお得なUber EATS

現在、Uber EATSはお得にお試しができるキャンペーンを実施しています。(2017/9/4 現在)

紹介キャンペーン的なものなのですが、紹介された人・紹介した人ともに注文に自動適用されるクーポンが貰えるというもの。

これがかなり太っ腹で現在(2017/9/4)は
紹介した人:次回注文に適用できる2000円OFFクーポン(少し前は1500円オフでした)
紹介された人:注文に2回適用される1000円OFFクーポン

すごいなと思ったのは0円会計で利用できること。Uber EATSメニュー内にも『無料フードをゲット』とあり、実際に0円で注文もできました。

f:id:kansai_777:20170904155524j:plainf:id:kansai_777:20170904155549j:plain

キャンペーンの利用方法ですが、アプリのメニューのプロモーションにてプロモーションコードを入力するだけです。

紹介する人も紹介される人もお得になるクーポンですので、周りにプロモーションコードが持ってる人がいれば紹介してもらうと良いでしょう。

周りに利用者がいなく、試してみたい方は筆者のプロモーションコードを是非ご利用ください。

プロモーションコード:eats-swbeb1

最後に

デリバリーサービスは自宅にいながら様々な飲食店のメニューを楽しむことができて非常に魅力的なサービスですよね。今回、【Uber EATS】を利用してみて、家のわりと近くにこんなお店があるんだと実際に足を運びたくなるお店もいっぱいありました。

是非、次の休日のお昼は【Uber EATS】でランチでもしてみませんか?

【レジャー】ディズニーセレブレーションホテル

皆さん、ディズニーリゾートは好きですか?

先日、ランドとシーに行ってきたのですが、2日連続になるのでせっかくだから近くに泊まろうということで、リーズナブルな宿泊料金が魅力と聞いていた【ディズニーセレブレーションホテル】に宿泊してきました。今回は【ディズニーセレブレーションホテル】のホテル施設やサービスをご紹介していきます。

f:id:kansai_777:20170902162812j:plain

セレブレーションホテルは2種類

宿泊の予約するまで勘違いしてまして、1つのホテルにお部屋のタイプが『ウィッシュ』と『ディスカバー』の2種類あるのかと思ってたんですが、実際にはホテル自体が2つでした。

今回は『ディスカバー』に宿泊したんですが、ホテルのスタッフさんに確認したところ『ウィッシュ』も見て回って問題ないとのことだったので見学させてもらいました。

まずは、『ウィッシュ』。夢やファンタジーがテーマとのことでした。

f:id:kansai_777:20170902164122j:plain

建物の外観はこんな感じでした。

f:id:kansai_777:20170902164403j:plain

エントランスではミニーちゃんのオブジェがお出迎え。エントランスの椅子はティーカップ風になっていて結構凝ってるなって印象でした。

f:id:kansai_777:20170902164511j:plain

中庭にはトピアリーと井戸があります。井戸には小銭が投げ入れてありました。なにかお願いができるのかな。

f:id:kansai_777:20170902165253j:plainf:id:kansai_777:20170902165323j:plain

他にはロビーにディズニーアトラクションの模型、スーベニアメダル、ディズニーグッズショップ、ラウンジ、食堂(朝食のみ)がありました。個人的には30分くらいあれば見て回れる感じでした。

『ウィッシュ』の道路を挟んで隣には『ディスカバー』があります。今回はこちらに宿泊しました。こちらのテーマは冒険と発見。

f:id:kansai_777:20170902170205j:plain

建物の外観はこんな感じです。

f:id:kansai_777:20170902170310j:plain

こちらではミッキーのオブジェがお出迎え。ロビーには『ウィッシュ』同様、アトラクションの模型が置かれていました。

f:id:kansai_777:20170902170437j:plain

模型がなかなかいい感じでした。

f:id:kansai_777:20170902170541j:plainf:id:kansai_777:20170902170639j:plain

こちらの中庭には、草むらの中に船、休憩スペースに宝箱がありました。子供の冒険心をくすぐりますね。

f:id:kansai_777:20170902170934j:plainf:id:kansai_777:20170902171009j:plain

中庭はグルーッと客室に囲まれている感じでした。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

ちなみにこちらにもスーベニアメダル、ディズニーグッズショップ、ラウンジ、食堂(朝食のみ)がありました。少し離れたところにデパートがあるくらいで近隣にお店はなさそうだったため、シャトルバスで来る方はパーク内かイクスピアリで食事を済ませておいた方がいいかと思います。

ディスカバーの客室

今回、筆者はツインの部屋を予約していたんですが、早めのチェックインだったのでフロントの方が少しの追加料金で最上階のバルコニー付きの部屋に変更することを提案してくれました。

f:id:kansai_777:20170902172749j:plainf:id:kansai_777:20170902172835j:plain

部屋全体はこんな感じです。ベッドがあって狭い感じがするというレビューを見ていたのですが、個人的にはそんなに狭くは感じなかったです。大人4人で荷物いっぱいだと狭く感じるかも。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

写真には写っていませんが、バス・トイレは別になっています。

お部屋にはアメニティーも完備。歯ブラシ、ブラシ、アメニティーキット(綿棒・コットン・ヘアバンド)、室内用スリッパは持ち帰りができます。室内用スリッパ持ち帰れるのは嬉しい。髭剃り、化粧品セット、子供用アメニティなどが必要な場合はフロントで貰いましょう。

f:id:kansai_777:20170902173533j:plain

他にはどんなサービスがあるの?

ディズニーセレブレーション使う方のほとんどの目当てはやはり宿泊特典ではないでしょうか。

まずはディズニーリゾートへの無料送迎シャトルバス。各パークと『ウィッシュ』と『ディスカバー』を繋いでいます。移動時間は道が混雑していなければ20分くらい。本数は混雑時は10分置き、昼などの空いている時間は20分置きに運行しています。チェックイン時に時刻表も貰えるので確認しておきましょう。

f:id:kansai_777:20170902175125j:plain

注意点としてはまずは時間に余裕を持って利用すること。混雑時には乗れずに次のバスを待つこともあるかもしれません。特に朝の利用はハッピー15エントリー(後述します)利用に合わせ、混雑するのでこちらの利用の方も注意しましょう。フロントで確認したところ夏休みの混雑時は6:30から並ぶこともあるとのことでした。

夜のホテル行きもなかなか混雑します。ちなみにタクシーを利用してホテルとパークを移動してみましたが、朝・夜どちらも3000円以内でした。(混雑状況によって変動します)

タクシー利用の方はフロントの反対側にあるゲストサービスにて、タクシーの手配・タクシー到着時の呼び出しをしてくれるので特典のシャトルバスの分はもったいないですが利用してみるのもありかもしれません。(混雑時にはすぐに利用できないかもしれません)

 

そして、なんといっても宿泊特典の目玉は『ハッピー15エントリー』ではないでしょうか。

『ハッピー15エントリー』とは、ディズニーホテルの宿泊者を対象に東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーで開園の15分前から入園できるサービスです。(入園できるエリアには制限があります)

入園できるエリアは

東京ディズニーランド
ワールドバザール
トゥモローランドの一部エリア

東京ディズニーシー
メディテレーニアンハーバー
アメリカンウォーターフロントの一部エリア

となっています。『えー、一部エリアしか利用できないの?』って思う方もいるかもしれませんが、人気アトラクションのあるこのエリアに15分前から向かえるだけで早い時間のファストパスが取れ、次のアトラクションのスムーズにスタンバイができるのです。

筆者はディズニーシーでトイストーリーマニアのファストパスを取りに行ったんですが、普通に歩いて(園内は走ってはいけません)9:50~10:50のファストパスが取れ、タートルトークの最初の回に並ぶことができました。

人気アトラクションのファストパスがサッと取れてからの心の余裕はなんとも言えないものがあります。ちなみに通常の入園だと混雑時はファストパスを取るのにも少し並びます。

筆者的にはこの特典のおかげでこの後もスムーズに周ることができたので大満足でした。

早く入園しなくてもいいから朝はゆっくり過ごしたい派の方にも入園保証の特典もあるのでそちらを是非ご利用ください。

他にもサービスがあり、詳しくはこちらの公式ページから見ることができます。

www.disneyhotels.jp

最後に

ディズニーセレブレーションホテルに泊まってみた感想としては、ホテルの中も目いっぱい楽しみたい人には少し物足りないかもしれませんが、パークで思いっきり遊んでその余韻に浸りながら次の日に備えるには十分な気がしました。

なにかとお金がかかるので宿泊費をなるべく節約したいけど、ディズニーの気分はなるべく味わっていたいそんな人にはオススメのホテルでした。

ディズニーでの素敵な思い出づくりにプランの1つとして加えてみてはいかがでしょうか。